微妙なニュアンスで使い分ける「シュート」を表す英語【サッカー英語】

f:id:Taipiii:20190215053015j:plain

.

.

.

本記事のサッカー英語

一般的なシュート

shot

(ショット)

 

強烈なシュート

strike

(ストライク)

 

縦回転のシュート

drive

(ドライヴ)

 

驚くようなシュート

stunner

(スタナー)

 

仕上げとしてのシュート

finish

(フィニッシュ)

 

シュート(という努力)

effort

(エフォート)

 

シュート(という試み)

attempt

(アテンプト)

.

※カタカナによる発音は参考までに。

.

.

.

解説: 「シュート」を表す英語

英語には「シュート」を表す単語がいくつもありますが、その中でもよく見かける7つの単語と微妙なニュアンスの違いを読み取ってリストアップしました。

 

drive に関しては「縦回転のシュート」が辞書的な意味ですが、 strike と同じように「強烈なシュート」というイメージで使われている場面もあるように思います。

 

シュートという「努力」や「試み」に対して使う言葉が effort と attempt です。effort はそのまま「努力」という意味で使われることが多いですし、attempt は試合後のスタッツとしてよく表示される言葉です。

 

ちなみに、英語で「ヘディングシュート」のことを header shot というのは見かけたことがなくて、普通に header とだけ言うことが多いです。

 

「ボレーシュート」も同様に volley という言葉だけで終わらせるか、a shot on the volley というような言い回しをすることが多いようですね。

.

.

.

例: shot, strike, drive, stunner, finish, effort, attempt

➀ He made 7 shots in 90 minutes, but only two of them were on target.

→ 90分で 7本のシュートを打っけど、そのうち枠内は 2本だけだった。

 

② What a goal! Look at this fantastic strike he just made!

→ なんてゴールだ!見てください彼のこの素晴らしいシュート!

 

③ Willian's low drive was parried away by De Gea.

→ ウィリアンの低い縦回転シュートはデヘアに受け流された。

 

④ Ohhh! Can you believe it? What a stunner! Absolutely brilliant!

→ Ohhh! 信じられますか!?なんてシュートだ!本当に素晴らしい!

 

⑤ It was a well composed finish by Frenkie de Jong.

→ あれはフレンキーデヨングの上手く組み立てられた仕上げのシュートだったな。

 

⑥ An effort from Cristiano has given Juventus the advantage at the break.

→ クリスティアーノのシュートがハーフタイム時点でユベントスにリードをもたらしている。

 

⑦ Two attempts, two goals... Great efficiency!

→ 2本のシュートで 2ゴール... 素晴らしい効率性だ!

.

.

.

最後までお読み頂きありがとうございます!

See you next time!