【会見翻訳】PSG戦後にスールシャール監督が語ったこと

f:id:Taipiii:20190308135504j:plain

.

.

.

サッカーを通して英語を学ぼう!

本記事では『PSG戦後にスールシャール監督が語ったこと』というタイトルのもと、どんな話をしていたのか確認していきたいと思います。

 

スールシャール監督はノルウェー国籍で、2008-2010年に渡ってマンUのセカンドチームを指揮していたこともあるんですね。ちなみに、可愛らしいルックスと鋭い得点感覚から Baby-faced Assassin (童顔の殺し屋)という異名があるそうです。

.

.

.

ボキャブラリー

set out:~を計画する

outplay:凌ぐ、(試合を)支配する

defensive shape:守備陣形

fantastic:素晴らしい

as long as ~:~な限りは

dressing room:控え室

unbelievable:信じられない、素晴らしい

whole:全体

ex-:元 ※ ex-player で元選手 など

atmosphere:雰囲気

.

.

.

スールシャール監督:常に信じていたよ

.

.

 常に信じていたよ。そういうことだ。プランは立てていたけど、それはボールをキープして試合を支配するという感じではなかったね。なぜなら、多くのスペースや時間をムバッペなどの選手に与えたくはなかったからだ。前半に何度か守備陣形が崩れたときに、彼らはすぐにそこを突いてきた。我々のプランは1点目を最初の 5~10分で奪うことだったんだ。

 共に働く選手やスタッフと素晴らしい時間を過ごせているよ。私はただ、ここから 2ヶ月であろうと 3ヶ月であろうと、この職に就いている限りは楽しもうと思っているし、この先も笑顔で過ごしていくだろうね。

 素晴らしい思い出だよ。私がみなさんに提供できるものがサッカーだ。そしてそれは、思い入れのあるクラブや選手、スタッフが一緒だと特別なものになる。控室での彼らは本当に素晴らしかった。オーナーや過去の監督・選手も含めて、チームが一体になるのを感じたんだ。最高の雰囲気だったね。

.

.

.

◎コメント

ゲームプランの解釈が少し曖昧です。The plan was to get the first goal being the game with five minutes ago or ten minutes ago and we were. と言っているのですが、and we were (there) の部分から推測して、おそらく監督が ago の使い方を間違えているのかなと思いました。違ったらコメントで教えてください。

.

.

.

手軽にサッカー英語が学べる Twitter アカウント

サッカー英語⚽️ (@EnglishFC_JP) | Twitter もよろしくお願いします!

最後までお読みいただきありがとうございました!